不動産投資失敗しないイロハ

不動産投資は、まず、勉強


不動産投資のことをまずは何で知りましたか?私は、ベタですが「金持ち父さん、貧乏父さん」の本でした。当時、衝撃を受けたのを覚えています。金持ち父さん、貧乏父さんで紹介があったキャッシュフローゲームというボードゲームを買って、無理やり家族とやっていました。笑 

まずは、不動産投資関連本を読みあさります。また、無料セミナー、有料セミナー(参加費が1000円程度のもの)に参加するようになります。
考えればわかることなのですが、無料セミナーというのは、その主催会社の商品に結びつけたいわけです。要は物件を売りたいわけです。中にはためになる話も少しはありましたが、ほぼほぼ宣伝、誘導の類でした。でも資料(統計資料など)はとても役に立ちました。無料セミナーでも有名投資家を招いて話すものや、不動産会社ではなくファイナンシャルリテラシー(Financial Literacy:お金のことに関して理解し、適切な決定と行動ができるようになるためのスキルと知識)を教えてくれるセミナーなどはとても有意義でした。
無料セミナーについては、「お金の勉強のための無料セミナー」を参照してください。

その後、「楽待」「健美家」などのサイトに登録して、条件にあった物件を見にいくという状況でした。物件を見るうちに色々わかってくること、疑問に思うことが増えていきます。そして、素人知識では厳しいなと思うことが少なからず出てきました。

そこで、私は資格取得を目指します。ファイナンシャルプランナーと宅地建物取引士。ファイナンシャルプランナーは、通信講座で取得。(AFPまで)、宅建は、専門学校のLECの通信講座を受けて3年目で合格しました。(1年目ほぼ無勉強、2年目LEC通信講座1点差で不合格、3年目晴れて合格!!)

資格の勉強は、かなり多方面で役にたったと思います。知識はもちろんのこと、銀行審査などでは、多分プラスに評価されていると思います。また、下手な営業さんが出てきても、自己紹介で資格の話などをすると幾分しつこい営業がなかったと思います。

不動産というものは、普通なら一生に一度買うかどうかのもので、かつ高額なものです。不動産投資とは、その不動産を見極めて、運用していくというものです。当然リスクもありますし、デフォルト(債務不履行)する可能性もなくはないです。そんな中、少しでもリスクを下げ、より良い物件を購入するために最低限の勉強は必要だと思います。資格を取れば、いい物件が買えるとは思いませんが、あることによって、より良い物件を選ぶ武器にはなると思いますよ。

不動産投資は、家族一体で取り組む


不動産投資は、リスクがあります。高額です。だから、家族に黙って始めようとする人も多いと思います。また、不動産投資をやりたいと言って家族に同意を得られなかった方も多いのではないでしょうか?

我が家でも最初は大反対されました。少なくとも数千万の借金をして、何十年か運用するのですから、誰でも100%大丈夫とは言えないはずです。もちろん、100%に近づける努力は全力でやるべきではありますが。

やはり、家族がいれば一緒にやるべきだとは思います。例えば黙って5000万借金していたら、普通なら離婚ですよね。笑 

男性なら、男性の得意分野、女性なら女性なりの得意分野があると思います。また、話し合うことで、疑問点も明確になったりすることもあると思います。家族が一致団結して不動産投資を見つめることで、いい方向に向かうことは間違いないと思います。

不動産投資は、信頼できるコンサルタント、不動産会社を見つける


勉強して、家族との話し合いも経て、いよいよ物件探しですよね。私も、楽待等に登録して、色々な物件を見に行きました。思いのほか、激しい営業はなかったです。私自身が、買える土俵に載っていなかったのかもしれませんが…その時に、今もお世話になっている不動産コンサルタントのT氏にもお会いします。その話は、「我が家の不動産投資」で。
 もし最初の一棟目で、あまり良くない物件を買った場合その一棟で終わりになってしまう可能性があると言うことです。最悪の場合、デフォルト(債務不履行)も考えられます。信頼できる不動産会社やコンサルタントを見つけて、そこから買うか、セカンドオピニオンをもらうなど態勢作りが、大切だと思います。
 とは言っても、なかなか信頼できる会社、コンサルタントを見つけるというのは難しいと思います。一番は口コミでしょうか。私もいろいろなセミナーに行って情報交換した際に、伺ったこともありました。
 もし、それでも見つからないようでしたら、私が今もお世話になっている不動産コンサルタントの方をご紹介します。お問合わせフォームからどうぞ。
お問合せ

不動産投資は、出口戦略まで考えて購入、運営する


我が家は、今まで3物件を買って、2物件を売却しています。(個人住宅は除く)売却してみて最終的な利益が確定します。もちろん、持ち続けてもいいとは思いますが、何かあった時のために、売れるように考えておくのはリスクヘッジの一つだと思います。

売れるようにするには、入居率が大事になってきますし、修繕の履歴等もきちんと残しておけばその分プラスになると思います。

不動産投資に絶対はないと思います。何か起きた時のために対策をすること、そのために良好な運営を維持することが資産の安全につながると思います。
 

不動産投資を失敗せずに行うには??


今まで、記載してきましたが、一番は一人でやらないということでしょうか。奥さんでも旦那さんでも意見を言ってもらえる人、不動産会社やコンサルタントでセカンドオニオンをもらう環境を作ることが失敗しない第一歩だと思います。

不動産投資で余裕を作って、たくさん海外旅行に行けるようになれればいいですね。